プロのバーテンダーである私『ライラ』が、カウンターから見た、『いい女・いい男』の条件を分析する。その方法や、男と女の相談.趣味である、伝統芸能鑑賞、ダーツ、そしてカクテルの話しと、話題満載!

ライラの『いい女・いい男』になる条件 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ノンアルコール
よくある話ですが、
「私はお酒が飲めないので。。。
でもBARの雰囲気が好きなんです。
こんな私がここに来ても良いんでしょうか?」
なんてことを仰る方がおられます。

BARはお酒を飲むところ。。。ってお気遣い頂いて
本当に嬉しいことです。
確かに我々の世界業界はその通りなんですが、
バーテンダーの修行の中に
「ノンアルコールカクテル」が存在します。

つまり、そのノンアルコールカクテルの趣旨や意図は、
お飲みになれないお客様にBARの雰囲気を
楽しんでいただく、
または、その場に居られる証をお作りする為です。

ノンアルコール!結構ですよ^^
これは、大変難しいカクテルです。
確かに清涼飲料水やお茶などをを入れておけば良いのでしょうが
お飲みになれない方にBARの楽しみを倍増させてあげる
知識と技術が必要です。
そのように、謙虚に仰って頂ける方には
どんどんお越し頂きたいものです。
何も恥ずかしくなく何も臆するこありませんよ。!!^^

しかし、嫌がられるのは「飲めないから飲まない」って事ですかね~。
昔先輩たちに「BARは飲めなくなったら帰るもの」と教わりました。
「BARのたしなみ」ということです。
「その場にいたければ注文しなさい」とよく言われました。
「込み入った話を酒を飲んでする事は多々あるが、そこがBARで
あることを忘れるな」と。。。。意味深い言葉です。
注文はお酒でもノンアルコールでも、お食事でも良いのです。
ゆっくりと楽しんでお飲みになっているのと、時間稼ぎで置いているのとは違いますし、その状況が我々にはよく分かるのです。

何倍も飲まれて酔いを醒ますための水は、
大いに結構ですが、1杯頼んで、後は水ってのは。。。
いかがなものでしょう。

ノンアルコールは、大切な修行!
これをこよなく愛してくださり、楽しんでくださるお客様も
いらっしゃいます。
その方々のためにも心を込めて作りたいですね~!
次回は、心地よいサービスを受けるためにはを、覚えていれば
ご紹介します。(笑)


スポンサーサイト
| BAR | 21:11 | トラックバック:0コメント:0
血液型
最近色々な占いが流行、出ては無くなり、
無くなっては出てくるようですね。

その中で根強いのが『血液型占い』。
カウンター越しにも老若男女にわたり、ご存じですよね~。
案外お歳を召した方でも仰います。^^

「マスター血液型何型」
「0型です。」
「やっぱり!そ~やおもった~^^」
「そっそうですか~^^;」

ここから、血液型の説明が始まります。
これって、かなり聞きましたが、みなさん面白いことに
少々違うところが面白いですね~^^
この血液型占いをかなり信じてる方がいらっしゃいます。
みなさんはどうですか?
これね~、案外当たるって言います。

それも、だいぶん以前からでしょ。。。
何故にこんなに根強く残っているのか???
星座と血液型は両壁ですが、群を抜いて血液型ですよね。
みなさん信じますか?
ってか、「占いじゃない統計だ!」とか仰る^^;
これで女の子との会話が弾むみたいでかなり勉強されてる方が
いたりしてびっくりします^^;

日本全国占い流行^^
私も少々勉強しようかな~。
私は、顔つきや仕草で大体その方がどんな方かわかります。
これは、占いでも統計でもなく、『経験』でしょうか^^
| BAR | 03:27 | トラックバック:0コメント:0
ライラ劇場『あるBARの出来事』
私のHPでやっていたことなのですが、お上手な方が
いらしゃってなかなかの作品が生まれました^^
このブログでもやりたいと思います。
是非、皆様のご参加をお持ち申し上げております。

ライラ劇場のお約束^^

これから、私が題名とその架空の物語の最初だけを
書き出します。
その後、何方でもかまいませんのでその物語を
続けていただきます。短文・長文は問いません。
また、ネット上で不愉快になる表現以外は
どんな展開でもかまいません!
物語の展開上、少々エロくてもいいですよ^^
それに、どんな展開になるかは、続いて書かれる方の
自由ですから、想像を巡らし大作に仕上げましょう。
完結編は、私が拝見してこれで終わりと言うところで
終わらせます。
また、特定誹謗中傷文などは消去しますので
予めご了承ください。
では、自由発想ライラ劇場始まり始まり。

第1話
『桜咲く頃』

今年の春はややこしい。梅の時期と桜の時期がなんだか
重なり合っているような変な季節感がある。
さりとて、BARはお構いなしにいつものように開店していく。

春まだ浅いある日の夜。
お一人の女性が開店時間とともにお見えになった。
お年頃は20代後半という頃だろうか、髪は艶やかに長くのび
涼しげでどこから見ても才女としか言いようのないお顔立ちで
ある。
スプリングコートが、たなびきなんだか
柔らかい残り香を残していた。
カウンター越しにもその香りが届き、
こちらも気持ちが緩やかに溶けるようである。

まだ開店間近なBARは、空気も凛としていてその方に
よく似合う空間になっていた。
彼女は、その美しい出で立ちに違わぬ笑顔でオーダーを
済ませるとおもむろに本を取り出し読みふけっていった。。。。

さて!この後を皆様のご想像にまかせ一つの物語にしましょう!
参加することに意義がある!!
このブログのご常連の方はもとより、
今までコメントを残していただいてない方!
初めてお越しの方!何方でも参加して頂きたいと
思っております。
文章の上手い下手なんか考えずに、発想を奮い立たせて
続けて見てくださいね^^
この物語のご感想もお待ちいたしておりますので!
| BAR | 09:32 | トラックバック:0コメント:2
女性の視線
これは、私のHPにも申し上げておりますが、
ここでも取り上げたいと思います。
バーカウンターで、初めて女性が一人お座りの場合、
お客様も緊張されておられますが、我々もある種の緊張が走ります。
今や、女性がBARにお越しになることや、
お酒を飲まれることは常習と言って良いでしょう~。
私どもの店も、多くの女性が一人でお見えになることが
多く見られます。
しかし、一人で来ていると、男性を求めているって
思われないかとか、寂しい女と思われないかとか
ご心配なされて、一人でお越しになられることを敬遠される
方も多いことも事実です。

さて、その女性たちは何を求めてお越しになられているのか!
女性でも誰に気兼ねなく一人で飲みたいときがあるのです。
それに、日頃の鬱憤を我々にお話頂いたり、
全く利害が無く現実から遠のいたお話をしたいという方が
大勢いらっしゃいます。

それを、BARに求められるのは、良いリフレッシュですね^^
またかなりの非常識以外なら、それを受け止めるのがBARですから。
一人でお越し頂くのは大歓迎です。
我々とご一緒に楽しい話しや、ご相談ごとをしていただき
有意義な一時をお過ごしいただきたい。

しかし、そんな中もっとディープな世界をお持ちな方も
いらっしゃいます。
先に述べたように、初めての女性のお客様は緊張すると
申し上げましたが、それは、その方が何を求めておられるかを
至急に察知しなければならないからです。
『ディープな世界』とは、我々にも話しをしたくない、
ご自身だけで考えたいときですね。
つまり、「一人にして欲しい」時です。
私のつたない想いの中に、『現代人は雑踏の中孤独を求めている』ときがあるように思われます。
そんなとき、我々にそっとしておいてくださいの良いサインが
あります。
それは、オーダーを伺ご注文をされた後、
ふっと目をそらしてください。
そうしますと、プロのバーテンダーなら察知します。
2杯目のオーダーの時もそうしていただくと、くどいお話は
しないものです。

また、お話がしたいときは、目を合わせてお気軽にお話くださいね。
そうしますと、元に戻ります。^^

でも、男性を求めて来られるときがあっても良いですよ^^
それも常識の範囲ですから、その時はいち早く我々にご相談ください。
なぜならば、誰でも言い訳じゃないでしょうから。。。
次回は、『放射線状の会話』か『ブレークタイム』をお送りします。


女性だっていろいろあいrますよね~^^
いや、女性だから色々あるのかな~~^^

テーマ:いい女・いい男になる条件 - ジャンル:ブログ

| BAR | 21:44 | トラックバック:0コメント:0
座る位置。
BARに入って、座る位置を考えたことありますか?
空いていればどこでもいいのですが、
BARでは通常カウンターとデーブル席がありますが、
先に述べたとおり、人数や、話の内容で席を選別することは
良いことです。
カウンターかテーブルかをお聞きする場合が多いですから
その旨、お知らせいただければいいかも知れませんね。

さて、今回はカウンターの席について申し上げましょう。
カウンターといいますのは、先の記事の『カウンター』でも
述べましたように、どこのお店でもこだわりがあります。
その店にも違いますが、正面に向い、バーテンダーが
カウンターからホールへ出入りする入り口付近、
真ん中、壁に面した奥と大体このような感じです。

ここで気を付けなければならないのは、出入り付近というのは
大体バタバタしているところですから、
店側としても良く知っている方、いわいる、『ご常連』と
言われる方がお座りですね。
カウンターの中をを見られることはあまりバーテンダーは
良しとしません。
ですから、中が見えるところですので親しい方を
優先するのかも知れません。

その次は、一番奥ですね。
そして、真ん中付近。。。。
これは決まっている訳はないのですが、
なんだかそうなってますね~^^
カウンターの中が気になるといって、イスから立ち上がって
カウンターの中を覗こうとしないようにして下さいね。
何故ダメなのか!初めて伺った方の
お家の冷蔵庫を勝手に開けますか?ってことに似てますね。
ましてや!中には入ることは言語道断!!
バーテンダーにとってカウンターの上、中は舞台と一緒です。
それは、常識的に考えて下されれば分かりますよね。

カウンターのイスは、大体偶数になっています。
お一人ならどこに座っても良いですが、
お二人なら2席ずつ空けましょう。
そうすると込み合ってきたときに移動しなくて済みますよ^^
それに、そんな感じでお越しのお客様は我々が嬉しく感じますから
初めてでも、親近感が沸き話しが楽しくなります。

さて!次回はだんだん面白くなりますよ~!
男性と女性の座る位置です!!
あまり考えたことないでしょ~~^^

テーマ:いい女・いい男になる条件 - ジャンル:ブログ

| BAR | 21:53 | トラックバック:1コメント:3
オーダー 4
アルコール度数、つまりその方がお強いかお弱いかを
見極められたら、後は、ベースとなるお酒の選別(ハードリカー)、
色、支配的な味(リキュールの味やオレンジなどのジュースなど味)、ショート・ロングの形式。
でも、こんなことを一々覚えなくとも、バーテンダーにお任せください。
それの方が、スムーズに参ります。
参考までに!
ここで申し上げますが、色々ご質問がございますでしょうから、
コメントでご質問いただければ、速やかにお答えいたします。
堅い話から下ネタまでどうぞ!
って、あまりひどいのはダメよ。でも、私にだけならかまいません。
コメントから入って『管理者だけに表示を許可する』を押してください。


今の時点では、BARにお入りになった場合のマナーですが、これからどんどん展開していきますのでお楽しみに!


テーマ:いい女・いい男になる条件 - ジャンル:ブログ

| BAR | 21:29 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

紅のライラ

Author:紅のライラ
小学校5年生の時にバーテンダーを志し
昭和54年以来ホテルBARを皮切りにバーテンダーとして、今日まで現場を勤める。
平成11年11月に独立し
現在、京都祇園にてBARを経営。
趣味:伝統芸能鑑賞
   歌舞伎大向(役者に声をかける人)
   ハード&ソフトダーツ
(詳細:来洛座家内帳HPにて)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。